04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

あの日夢みた日本一周は諦めきれない(元:高校生が旅をしてみたくなった)

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

「僕はここにいていいんですかね(笑)」 

三日目「僕はここにいていいんですかね(笑)」


昨日はなんとか寝れたし、ではいこう!
66 いざ行かん、小田原へ



あらすじ
昨日は私自身の初となる、外で野宿(キャンプ場は除く)をしてみたのである。
結果寝れ、眠りながらみた伊豆半島の星空に感動し。
「あっ俺今めちゃ旅してるわ」と思うのであった。


湯河原から出発して、今は五時半ごろ。
朝ごはんが食べたいが、どこにもコンビニはないので進む。
67 なるほど



そういえば!私は道中こういうことをよくする、
自転車にかけているスマホから音楽を流すのである。
脳内BGMを流すだけじゃたりない、と思った人やってみるといい。

これが最高にテンションがあがる!

見知らぬ土地で音楽がながれながら旅をするのは本当に気持ちがよい。
どこかで見たアニメやドラマや映画っぽく、自分を中心にしたストーリーを描けるみたい。
例えばカントリーロードをながせばジブリのどこかにいる気分にもなれる。

私がよくかけているオススメの曲は
     Aqua Timez 「決意の朝に」




話を戻して!
結局は小田原城がみえるところまで来てしまった。
旅の醍醐味は人・自然・食べ物・観光・異文化!
68 くっきり



途中、コンビニがあったので寄る。
私が旅に行くときはたいてい、「おにぎり100円セール」だからたすかる。
納豆巻きを食べていると、小田原に住んでいるおじいちゃんに話しかけられた。
丁度いま、天気があまりよくないので、天気の見分け方など教えてくれた。
先の山を見て曇っていたら雨らしい。単純だがこれが非常に当たるw
70 まあ確かに



このまま橋を渡っていく、えっ?パンツ?
気にするな乾かしているんだ!
71 橋だ!



自転車とツーショット。
73 さあどこまでもw



市街地に入る。久しぶりに見たわこんなビルw
74 市街地in!



そのまま市街地を抜けて江の島まできました!
75 江の島近く


周辺には、お菓子感覚で食べられるものがいっぱい!
ここの羊羹は100円で帰るものがある。
学生の財布にと~ってもやさしい。
76 100円



ゆずきりという食べ物。
一度食べてみたかったんだ!
この黒蜜につけて食べるのだが・・・・・・うううううめええええええ!
ちゅるっとして、体に溶けるようなもの。
お値段は確か・・・・・このセットで1200円ぐらいだった気が。
だけどこれは一度食べるべきだ、
85 うめえええ



だけどまだまだ足りない私のお腹、江の島である行列のお店をみつける。
行列=おいしい というのがわかるので、並んでみる。
そしたらここのお店めちゃくちゃ人気!整理券をとるためにこんなにみんな並んでいる!
79 ここにきめた!



整理券をとって自分の番がくるのを待っているのだが。
あと三時間ほどまたなくちゃいけない。
これは・・・・・お腹がもつのか!?
そう考えている中ライブがやっているのでイスに座り休憩!
80 休憩!



待ちに待った。ごはん!!
生しらす三色丼を頼んだ(1200円)
86 ううう・・・最高だ


これが うまい! 旨い! 美味い!

並んだかいがあったぜ!生しらすは中トロのようにとろりとしてて。
他の二つ、いくらとまぐろもこれだけでも十分にメインに狙えるもの。


食べてるとき幸せでした!


さらに幸せをもとめて、しらすから揚げを頼んだ!(1000円)
87 でかい、うまい


いうことがない、絶品! 俺がいままで食べてた揚げたものってなんだっけ?
っておもってしまうぐらい。
食べ物の紹介だけど、実際にいけば食べればこういうのはわかるよ。
つまり食べに行って来いという俺の本音でした。


その後江の島の頂上をめざし歩いたりしました。
やはり天気が悪く、昨日の伊豆半島の大室山ほどではなかった。
しかし江の島の食べ物に魅了されっぱなしでした。
88 江の島上まで



その後、宿に宿泊して・・・・・・・

布団だああああああああああああああ!!!!!

と布団のありがたみがわかったりとGWの宿題をやったりと。
90 ふとんだああ



宿に泊まるいろいろな人達との会話がたのしかったです!
ある人はライダーで宮城県から来たり、もう一人の方は北海道から来たりと。
色々な人と出会いお話できました。

お二人は私がGWの宿題してる最中に。
テストのカンニングの仕方を話して来たりと、いろいろと楽しかったです。


しかし!
そこまでは良かったのだが、夜!
寝る前に起こること・・・・・・飲み会!
91 あれ?俺ここにいていいの?

あれ?学生のご身分の俺がこんなお酒飲んでるおっちゃんたちといていいのかなーって思いました。
お酒は飲めないのでおつまみを少しもらったりなどして会話に参加してました。

でも明日のこともあったので、私は11時ごろに布団に入り寝ました。
結局あの飲み会は何時まで続いたかわからなかったのだが、わかること一つ。



布団は最高だった!
スポンサーサイト

Category: 2014 記事まとめ

tb 0 : cm 0   

「自転車で旅?そんなの知らないなぁ?」  

一日目の夜・・・・・・(城ケ崎の宿に到着)


今何時だって?そりゃ・・・・・九時だ!







駅から歩いてニ十分、ようやく

民宿の看板が見える(写真とってる余裕ないっす!)
                   ⇑なぜなのかは一日目を見てから来るんだ!


うっうれしくて涙・・・・・より歓喜!!


やあっとぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおお!!!!


ついた!


とりあえず民宿の人についたことを報告せねば・・・・・・

しかし民宿に入って声をかけてもだれもいない!?

なぜ・・・・・だ?

民宿に泊まっていた人に聞くともう一つ隣りの家に民宿を営む、おばちゃんがいるらしい。

隣りの家にピンポーンしてみると。

おばちゃんがいたので、名前の確認をしました。

「〇〇さんかい?」

「はい、そうです。すみません遅れました」

「あんた、電話つながらなくてねぇ、とっても心配だったんだよ!」
と話してきました。

「ん?電話?」

なんとおばあちゃん心配してくださってくれて、私の携帯電話に何度も電話してくださったのだ!
ありがたい、しかしなぜ私の携帯電話に着信がないんだ?

確認してみると、電話番号の一つ数字が間違えてた。
電話あるあるだね。

「まあ、そんなことより本当によくついたね~」

と本当に心配してくださった。その後は遅くなった、理由といきさつを話終わったところで。

おばちゃんがご飯をご馳走してくださった!
実際には素泊まりなのですが、気遣ってくださいました。
熱海から今の時間まで何も食べていなかった私にはありがたいこと。

飯の内容はお餠五個、草餅一個、漬物大量、ポンカン一個。

ご飯なの?

と聞かれそうですが、ご飯です。
その後おばあちゃんとお話をして風呂に入り、すぐに寝ました。

実際にはおばあちゃんとお話はもっとしたし、楽しい話があったんだけど、すべて載せられないので残念。
実際はねこの今ブログに書かれている内容の三倍ぐらい濃い内容だったんだけどねぇ。
そんなに見たかったら自分で実際にやってみろ、行動してみろってことで。








二日目「自転車で旅?そんなの知らないなぁ?」

疲れたいっても起きたのは五時。
城ケ崎の朝日を見ようと思い、宿を出ました!
31 朝日を見に



港もあるぞ!?
32 城ケ崎の港



海岸から見る太陽はいつみても、旅してるんだなぁーって感じがする。
34 城ケ崎の朝日


その後民宿に戻るとおばあちゃんがこの近くの人気スポットを教えてくれた!



道の途中でこんなものを見つけた。これは俺が知っている栃木でもこんなひどくなかったぞ!?
36 栃木以上だ



あるいて10分後、それっぽいところに到着。
奥にすすむと看板があるので確認してみると、ここのようだ。
37 城ケ崎のつり橋へ



お目当ての物の前に昔の江戸時代の時の大砲跡地があるので、行ってみる。
38 その前に大砲跡地へ



これが昔の大砲(笑)
たぶん日本だけだぞこんな形、撃てないよ!!
まるでドラム缶だよ、これ。
39 昔の大砲(笑)


さぁーて来た道を戻ってお目当てのもの!
城ケ崎吊り橋
40 つり橋だ



下を見ると断崖絶壁の上に橋がかかっており、なにげに少し揺れる!
波が激しくぶつかって、すごいところだ!
41 おぉーこわい


自然の迫力を感じるスポットでした。
その後民宿に帰り、駅に置いてある自転車を取りに行くことに。
最後におばあちゃんに感謝の言葉を言って、出発。


ありがとうございます!
あの時は本当に助かりました。
おばあちゃんとの話た時間はとても楽しくて、人として大事なことを教えてくれて再確認させてくれました。
また今度伊豆に行くとき泊まります。
42 また来るよ


おばあちゃんに手を振り、また今度。

そのまま駅に向かっているとふと、ある考えが浮かんだ。

しかしこのまま富士山めざすとしたら、また140km走らなきゃいけないことになるなぁ・・・・

あの辛い思いもう一回したくないし、なにより自転車は駅だ。






よし、富士山みるのやめだ!





ええええええええええええ!!!!????
とは思わないでほしい。
確かにブログで堂々と「富士山を目指せ」と書いてあるがぶっちゃけどうでもいい(笑)

楽しい旅ができればなんだっていい

旅先のトラブルは何があるかわからない、だったら計画を進めるより適応して変化させていくほうがいい思った判断だ!
そういうわけで変更!

だがしかし自転車を取りにいかなきゃなぁ・・・・・始まらないな。







瞬間 俺の頭の脳裏に重い浮かぶアイディア!









あれ・・・・・・・・・・・・・・・・


このまま戻るの運賃(740円)かかるよな。


このまま駅に戻るのはつまんないな。


あっだったら!



徒歩で帰ろう


行動は迅速ry・・・・・
すぐに手にもっているバック二つをロープで固定して、リュックを作った。
なんだかんだでロープのスキルはついている俺、できそうだなとおもっていたので実際にやってみるとできた。

改造したリュックを背負い、歩く。

まさか自転車でなくて歩くとは、なかなか新鮮!

目的地は大室山だ!
44 あれかな?



一時間ほど歩いて大室山近くまで、来た。
車も大室山を目指しているらしい。
渋滞だ、足のほうが速いという
45 車より足が速いとは



ふぅ、なんとかついた!(出発から二時間)
あのロープウェイに乗り山頂まで目指す!
46 めっちゃたのしそう


しかしすぐに乗れるわけではない、ロープウェイ乗り場には長蛇のながい列が・・・・・・
さすがゴールデンウィーク、人がいっぱいだZE!!

リュックを下して列に並ぶ、この大きなロープで縛られているリュックが一目につくのがわかる。
自転車よりすごい注目度だなと思っていると、列が前に進んだ。
進むと、ロープウェイのチケットを買わなくてればいけないらしい!

後ろの若い夫婦の方に聞いてみると。
やはり買わなくちゃいけないらしい。

チケットを買うためだけに列を戻りたくはなかったので、旦那さんにバックを持ってもらえるようにお願いして。
奥さんと一緒にチケットを購入しにいった。
買いに行く前に旦那さんに一言
「この荷物、重いのできおつけてください」


まさか、この一言があんなことを生むなんて・・・・・・・(嘘)


とりあえずチケットを購入して、その後荷物を預かってもらった旦那さんにお礼を言って返してもらった。
旦那さん「しかし、このバックめっちゃ重いですね!」

この反応!?

会話が弾む流れだ。
説明しようこれは旅人がそのうち人と会話してると直感的に・・・・・・・・・ry
という能力だ。


旦那さんと話してみようと思ってさらに私が話かけてみると・・・・・・・・

案の定会話が弾んだ、俺も楽しく話せて相手のご夫婦二人とも笑わせられたのが一番印象にある。
会話で相手を笑わせられるように最近こころがけているつもりだからね。



その後ロープウェイの順番が来たので乗る。
47 た・・たけええ


とにかく高い、ちょっと怖い!
48 見える、見えるぞお



遠くまで見える、海だって見えるぞ。
風がとても気持ち~
49 遠くまで



山頂に到着!
山頂は一面が草原で、真ん中には噴火後が見える。
ここは山を焼くという「山焼き」というイベントがあるので一面は草原。
50 良いものだ



伊豆半島をバックに一枚とってもらった!
後ろのが例のリュックです。
51 徒歩だけど



しかし良い天気に恵まれてよかった、最高の景色だ!
回りには何もなくて一望できる。
52 しかしよくみえる



その後山頂を一通り回って、ロープウェイで降りる。
また今度見に行こう。
53 さあ降りよう


さぁーて!

次やりたいことといったら、ヒッチハイクかな!!!!!!


あのアニメで結構みるヒッチハイク、しゃいな所がある俺には結構きついヒッチハイクやっちゃいます。
常識がしゃいな気持ちを作っちゃうんだよね、うんうん。

とりあえずリュックを持ったままのほうが旅人っぽいので、そのままヒッチハイクスタート!
おじいちゃん、おばちゃんに当たるのが一番よさそうな気がする。
30分頑張って、出来なかったら。近くにあるバスで駅に行こうと腹をくくった。





ヒッチハイクを始めて20分

これはキツイ、精神的に。




とその時!?



始め見たときは小さい車が隣りの場所に駐車するだけかとしか思っていなかったけど。
目の前に止まってきて、声をかけられた。

「どこまで行くんだっけ?」

おおおっっ・・・・・おおお、まさか!?

さっき話した旦那と奥さん!?
まさかこんなことになるとは(笑)


前書いてあったこのご夫婦との会話で俺が。

「このあとヒッチハイクしようと思ってるんですよね~」

って会話していたのを覚えていたようで、声をかけてくださった。

お二人は自分達の目的地とはずれる、私の目的地の近くのところまで車に乗せてくださった。
車の中で地図を見て懸命に私のお願いにのってくださった。
一生懸命に探しててくれて正直どう声をかければいいかわからなかった。

車に乗せていただいたおかげで私は目的地の近くまでいけました。
この場を借りてまた御礼を言いたいです。
ありがとうございます!またどこかで(^3^)b
54 Thank you




目的地近く、近くなのでまだ歩く。
55 また歩く



駅で電車に乗ろうとしたけどこの近くでお昼ご飯を食べていこうと思ったので、最後まで歩く。
その途中にこんなものが!?
56 食べるしかない!


食べるしかない!
おっおいしい・・・・・
57 食欲が抑えきれない



おいしかったけど食べまくるのはよくないのでわきまえた。
すぐにまた歩く。
58 歩け!



そしていとしのMYチャリンコ!
リュックのロープをほどき、自転車につける。
この作業な~んと10分で完了。
59 いとしのMyチャリ



理由はもうすぐ五時だからだ・・・・・・・。
なんだかんだで充実した一日で時間が進むのはやすぎいいぃぃ!


結局熱海について夜ご飯食べようと思ったら、いきたいお店空いてなかったので。
湯河原まで進み、ステーキ屋さんに入ってたらふく食べた。
今温泉に向かっている最中。
61 どこで寝ようかな~



温泉に入り終わり10時半。
しかしこの余裕どこから来ているのか・・・・・・。

それは野宿で寝るからだ!
62 お休み


自転車に温泉で洗った洗濯物を置いて乾くのまつ。
しかし野宿、旅の醍醐味だね。
ここまで計画的にしない野宿は初めてなので楽しみだ!

伊豆半島は明かりがないおかげで痛い目みたけど、シュラフにはいって寝てみると!?
星空いっぱい、埼玉より多いいぞ!

本当は旅をする前からこの野宿はしていいものか不安だったけど実際やってみると寝れた。
だけどね、この野宿は場所をよく見て決めたほうがいい。
田舎で安全な場所なのに寝てたら、近くの通行人の人に

「えっ!?びくったああ人が寝てるよ(驚)」

って言われちった。(まあそうだろう・・・・)



もうこれ以上は寝れない。
今は朝の四時だ、どうやら今日は雨が降るようなので早めに行こう。
63 ああよく寝た



夜の撮影は何も見えなかったので、朝の写真。
私ここで寝ました。
64 ここで



ふぅ・・・・・・なんだかんだで寝れたし。
星空もみれた。
夜の道路を見てるだけでも楽しかった。
人が来るの少ないし、車も少なかった。



















色々ありがとな・・・・・・・
65 ありがと

Category: 2014 記事まとめ

Thread: 自転車旅行

Janre: 旅行

tb 0 : cm 0   

テスト期間中なので、すみません更新できません。 

またの、またまたですw

申し訳ありません!

Category: 2014 記事まとめ

tb 0 : cm 0   

「高鳴る気持ちに災いあり、一難からのおまけで一難」 

5/4 GWの旅 一日目!


いつもの自転車にバックを載せて、ロープでしっかり固定。
今回はどんな旅になるのか期待を寄せて出発!
朝の六時に出発しました!
1 目指せ富士山!



さすがに朝は車が少ない、ICちかくの道路なのに。
左側の排水溝近くにはよくガラスの破片が落ちてるので注意~!!
2 走れ!



県道を抜けていきます!
3 県道を抜けて



埼玉から脱出するのに必ず一回は川を渡りますw
橋の上からの景色もまた一興♪
4 埼玉から出るのに必ず橋は一回はわたる



いい天気だ。これから曇らないことを祈る!
荒川を抜けて、八王子へ
6 何気ない景色が私は好き



とある一軒。まさか埼玉でこんな家をみるとは。
回りが田んぼに囲まれる家で一度寝てみたいwww
夏か秋が良いなぁ~、きっと涼しそうだ。
7 こんな家ありっすか



東京に入りました!
ここまではさほど時間はかからず!
しかし車の交通量も増えてきました。
自転車にトラックは天敵、横を通り過ぎたときの風がバランスを崩すから怖い怖い。
8 東京突入!



木のトンネル涼しいなぁ~♪
途中に学生二人が自転車旅行をしていたのを発見!
GWに入り旅する人が増えたねw
9 木のトンネル大好き



途中、地図を確認すると・・・?



「近くにダムがある!」


西武球場のところに近くに村山上ダムというものがあったので・・・・・
よし、行こうということでルート変更。
こういう変更が旅の醍醐味、自転車の良いところ。

いつでもどこでも行きたい時に行ける!

しかし近くまでいってみてもダムの場所がわからず、近くのクリーニングのお店をしているおばちゃんに尋ねたところ。
親切に教えてくださいました。
その後おばあちゃんと楽しく会話したあと「またね」と言って別れました。

人に尋ねたのは、「人に頼る」旅ということを前から意識してるためです。
よく回りの人に自立しすぎといわれるものでねww

一人で全部やるのも良いですが、二人で三人で大きなことがやれるのが理想!


おばあちゃんに話してもらったとおりに坂道を登ったらそこにはダムが!
10 ついたぜ、ダム!



写真でとっても納まりきれない!
良い景色ほど自分の目で見に行ったほうがいいものはなし。
11 ダム広いね



眼下には埼玉の景色が。
12 眼下に広がる景色



お気に入りの一枚!
13 そのまま空へ



木のトンネルを走り抜けて、元きたルートに戻り、再び。
14 自然には力がある



や~っと神奈川に入りました~。この看板を見るのは明後日ごろかな?
18 あれ?入ってなかったw



海岸沿いのスーパー。車と人がいっぱいだ!
コーラを買いにいっただけなのにレジに並んだ並んだw
スーパーはコンビニより安くて好きですわ。
19 普通じゃないね



ふふっふっふっふふぅ~ん♪



あれ・・・・?雲行きがw
うわぁー降らないでくれよぉー・・・・
20 あれ?雲行きがw



チャリダーには雨も天敵ですが、祭りにそんなことは関係なし。
小田原の祭り!
21 小田原もお祭り



小田原を通り過ぎれば熱海に向かうための国道135線へ。
このアップダウンのある道、きついです・・・・
荷物ありだからさらに足にきますわぁ~。
そして今 午後五時。
22 熱海へ!


ふぅ~。
やっと熱海につきましたー。
しかまだ町にはほど遠い!
     午後六時
23 見えた!



熱海が見えた!?
25 アップダウンの激しい道のり



ふぅ~ついた・・・・
ここらでゆっくり温泉とごはん食べようかなぁー!




・・・・・・・今何時だ?




六時四十五分だ・・・と!?


まずいまずいまずいいいいいい!!!!!

計算してみよう。ここから熱海から城ケ崎まで36kmだと!?
現私はいま110km走ってきていますww

体力的にもきついし飯食ってる余裕じゃない。出発だ!!

しかも運悪く、風が強くなって全然前に進めない。
26 熱海着



急げええええ・・・・・・・
あっお月さんだ・・・・・・・

あれ?この先の道暗くない?27 ちょ・・・マズクナイ



暗いいいぃぃぃぃ!!
おおコワッ!?
後ろからの車のライトと自転車のライトぐらいしかあかりがない状況。

そんな中で上を見ると星空いっぱい、左みると漁船のあかりが。
前から暗い中、星をみながら走るのも悪くないって思ってたけど撤回。

怖い・怖い・怖いの三つしかない。

28 本気モード突入







しかし私やっちまいました。

本当は精神的にもギリギリなところを。
余裕ぶっこいて漁船を見て振り返ると!

目の前にガードレールが!

ヤバイ!? よけろおおおおお・・・・・

ハンドルを右に切り替えたがタイヤに衝突!



ガッシャーン!!!



そのまま私は道沿いに転がって、自転車は道路に

幸いにも私の後方に車はいなかったです。

しかし迂闊、ハンドルとタイヤの向きが変わり。荷物がほどけて、足と手に軽い負傷
28 折れるわw


すぐにメンテナンス道具を取りだして修理。左足をすこし打撲したけど走れないわけじゃない。


まだ、いける!


そう思った矢先に自転車は宙に待った。



「えっ!?」



宙に舞った瞬間意味がわかならくて驚きの言葉もでない。



まるで絵に描いたような二重トラップ。


なんと下に階段があったのだ、本当ならライトをつけていれば気づくところだが。


事故ったときにライトは消えていた!


そのまま自転車と私は宙にまい・・・・・・・・・



着地


死ぬかとおもったああああああああ・・・・・・
もっと長い階段から落ちてたら、危険だった。
ラッキーにもニメートルぐらいからのジャンプだった。




しかしその瞬間から私は夜の自転車から残り10kmはあるだろう城ケ崎までいけるかどうか不安でしょうがなかった。

これはマズイ、集中力がきれてる。
もう一度はないぞ。


たぶん次はない

超ラッキーでこの二回軽傷ですんだけど次は本当にヤバイ。
本能が察した。







本当は覚悟を決めて10km行きたかったけど、命より尊いものはない。
冷静に考えるんだ、意地をはるな・・・・・




よし、駅に行くぞ。
これから宇佐美駅まで自転車でもう少し走って、電車に乗り換えて宿にいこう。

行動は迅速に。すぐに移した。




しかし怖い、恐怖しかない。
途中のトンネルで自転車乗りの人が押して歩いてたけど、話しかける余裕がない。




そしてなんとか・・・・・・・ついた!
駅に自転車を置き電車の切符を買う。




とある話だが。栃木のバスは七時までしか運行してないんだ。
一度バスに乗って帰ろうとしたが、運行が終了してて結局おじいちゃんに車で乗せてもらって帰った思い出がある。



そして今は八時
いやだあああああ、嫌な思い出をまた繰り返すのか!?

せっかく宿とったのに今日は駅寝!?まさかの!?

と思考がめぐる。








しかし




人が・・・・・いる。




「すみません、電車ってまだ動いてますか?」

































「あぁ・・・動いてるよ」








やったあああああああああああああああああああああああああ

その後電車に乗り込み、荷物を担ぎ、城ケ崎駅から宿まで歩いて帰ったと。

二日目に続く~

Category: 2014 記事まとめ

tb 0 : cm 0   

高旅~2014年GWの旅~ 目指せ富士山! 

( ゚Д゚)/<お待たせしちゃったぜぇぇえええええええええええ!!!!!!




どうも皆様、お久しぶりです。

ブログ更新、一か月ぶりですが私は超元気です。






2014年 5/3~5/6
高旅 2014年GWの旅
 
               テーマ:目指せ富士山!




一日目
「高鳴る気持ちに災いあり、一難からのおまけで一難」 


二日目
「自転車で旅?そんなの知らないなぁ?」


三日目
「僕はここにいていいんですかね(笑)」


四日目
「結局のところ 変わらぬ感謝」永久未更新 

すっかり更新するの忘れてました。by2015年 1/6




ふっふふうっふっふふ・・・・・・
なぜこのような方法をとったのかは、これが理由だ。
旅が終了した今、二日たったのにも限らず、とても疲れて眠い!

過去最高にHARDな長旅だった。

そのため今日は寝て。
明日から続けて更新させていただきます。

超元気といったな、あれは嘘だ。
体は超眠くて、心が超元気である。


更新を先延ばしは~~しない「断言」


そのために眠らさせていただくことをご了承!

この記事は私の安否確認でもあるので、よろしくお願いします!













テケテケテン♪(ドラク〇の戦闘BGM)


突然、霧さんの目の前に〇〇が立ちふさがった。



霧さんは〇〇に対して、「観察」をした。



「観察」をした結果。



〇〇が「学校の宿題」だと分かった。



「学校の宿題」は霧さんに対して、机に向かえの攻撃をしてきた!



霧さんの精神に深く深くダメージが与えられた。



霧さんはすかさず宿屋のBGMを流した。



テ~テレテェ~ンテテ~ン(ドラク〇の宿屋のBGM)



このまま冒険の書に記録して明日の朝を迎えたい。
現実とは非情である(笑)

ってのは冗談で。


さぁ~て・・・・・・・学校の宿題終わらせるか・・・・・・・・・。

Category: 2014 記事まとめ

Thread: 自転車旅行

Janre: 旅行

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。